テレビでもよく話題になっている生活保護ですが受けているという方を非常に多く感じることが多々あります。
私の知り合いも独り身で生活保護を受けているという方がいらっしゃいますが、実際簡単なアルバイトやパートをするよりも多くお金を援助して頂いているというものが現状です。彼女は自身の病によって仕事をすることが困難であり身内もいないという環境ですが、中には頼れる身内がいるにも関わらず審査が通り生活保護を受けているという方もいるのです。

生活保護を受けている方は基本的に借金をすることは出来ないのですが、生活保護を受ける前にもっていた借金はどのような扱いになるのでしょうか。


○借金はクリアにしてから保護を受ける○

生活保護を受ける際には現在自分が過ごしている環境を隅から隅まで報告する必要があります。そこで借金が発覚した場合には「自己破産をして借金をなしにしてから」審査を受け生活保護を受けることになります。自己破産とは一定額の財産を手放す手続きをすることによって借金自体を免除するという制度です。生活保護で支援されたお金自体を返済に充てることは出来ないのでこれは必須条件となります。


○おまとめローンを視野に入れてみる○

おまとめローンは借金自体を一本にまとめる金融商品ですが、自己破産の際に手放す資産金額は裁判所で定められるためおまとめローンで一本化し借金が減ろうが関係はありません。土壇場で審査を受けておまとめローンを契約したらその契約先の金融機関が「とばっちりをうける」ということになるだけなのです。

現在は生活保護の金額をより低く設定するという検討が国でなされています。金額を減らすことは構いませんがその人の生活に見合った金額をきちんと設定するということを第一に考えて頂きたいものです。
私の知り合いのように仕事をしたくてもすることが出来ないという方には今までの金額で支援して頂きたいですし、以前ニュースで紹介されていた「生活保護のお金を受け取ってそのままパチンコ店に入る」という人間には雀の涙で構わないのです。

お金の世界はおまとめローンや借金だけではなく生活保護などの政策までも絡み、余計に難しくこじれてきています。もっとシンプルな方法があるはずなのに国会でいびきをかくだけの人間にはそれすら分からないようです。

困っている方に差し伸べてこその保護です。自分のことしか考えられないような人間はその手すらも偽善でコーティングされているように見えます。国民の生活をしっかり管理出来るよう、もう少し背筋を伸ばして頂きたいものです。

Comments are closed.