結婚前でも後でも夫婦が別々に名義を立てて借り入れをするというケースは沢山存在しております。しかしお互い個人的なことにかかる費用を分けて管理したいとはいえ、別々にすることで実質年利もバラバラで借金の総額としてはあまり得とは言えない可能性があります。
そこで今回は夫婦の借金を一括にまとめる際に利用するおまとめローンと審査についてご紹介致します。


○おまとめローンなので契約者は一人になる○

おまとめローンはその借金を一括にまとめることであるため契約者自体も一人にまとめる必要があります。今まで夫婦で別にしていた借金を一つにするのは将来「離婚」を考えている夫婦にとってはネックになるとも言えます。
しかし今の借金よりも実質年利が低い金融機関にてまとめることにより、家庭全体で見る出費はあきらかに変化し返済を安くおさめることが出来るのです。


○入金時の明細によって別々の管理を実現○

もし別々の収入がありお互いの借金分はお互いで支払うべきだと考えるのであれば、おまとめ後にはその口座をWEB上で管理・入金出来るように登録しましょう。そしてお互いが今まで支払ってきた月々の額と「全く同じ」金額を今まで通り入金するようにして下さい。

WEB管理であればお互いがお互いの入金履歴とおまとめの引き落としを確認することが出来ます。そして全く同じにすることで差額が生まれ、一緒に貯金をしていくことにも繋がります。

夫婦でも個人を重んじたいという方々は沢山いらっしゃいます。その考えを尊重しながらお金を大切にするための方法として最適な物がおまとめローンなのです。夫婦だからこその絆を深めお互いの借金をしっかり返済出来るように返済方法について今一度考えてみることをおすすめします。

Comments are closed.